実写版「美女と野獣」の挿入歌Evermoreの歌詞和訳

beauty

実写版「美女と野獣」の挿入歌といえば「Evermore」。物語のクライマックスともいえるシーンで流れるこの曲の英語の歌詞の意味を日本語訳をつけて紹介します。

まずは曲を聞いてみましょう。

「Evermore」

I was the one who had it all 私には全てがあった
I was the master of my fate 私は自分の運命の主だった
I never needed anybody in my life 私には人生において誰も必要なかった
I learned the truth too late 真実を知るのが遅すぎた
I’ll never shake away the pain 私は決して痛みから逃れられないだろう
I close my eyes but she’s still there 瞳を閉じても彼女はまだそこにいるんだから
I let her steal into my melancholy heart 彼女に憂鬱な心を奪われてしまった
It’s more than I can bear それはとても耐え難いこと

Now I know she’ll never leave me 彼女は決していなくならないことは分かっている
Even as she runs away たとえ彼女が逃げたとしても
She will still torment me 彼女はずっと私を苦しめるだろう
Calm me, hurt me 私を落ち着かせ、私を傷つけ
Move me, come what may 私を感動させ、なるようになるだろう
Wasting in my lonely tower 孤独の塔で時間を無駄にし
Waiting by an open door 開いた扉の向こう側で待ち
I’ll fool myself, she’ll walk right in 私は信じるだろう、彼女が中に入って
And be with me for evermore 私と永遠に一緒にいてくれると

I rage against the trials of love 私は愛の審判に怒りを覚え
I curse the fading of the light 消えゆく光を呪う
Though she’s already flown so far beyond my reach 彼女は私の届くところからずっと向こうに飛んでしまったけど
She’s never out of sight 彼女は決して視界から離れない

Now I know she’ll never leave me  彼女は決していなくならないことは分かっている
Even as she fades from view たとえ視界から消えても
She will still inspire me 彼女は私をインスパイアし
Be a part of everything I do 私の全ての一部となるだろう
Wasting in my lonely tower 孤独の塔で時間を無駄にし
Waiting by an open door 開いた扉の向こう側で待ち
I’ll fool myself, she’ll walk right in 私は信じるだろう、彼女が中に入ると
And as the long, long nights begin 長い、長い夜が始まるとき
I’ll think of all that might have been 自分にできたことを思うだろう
Waiting here for evermore ここで永遠に待ちながら